FC2ブログ

染心堂のひとり言

中野ブロードウェイにある占い処「染心堂」の日々の出来事を綴ったブログ。

酷暑が過ぎ 金木犀の香りが
秋の深まりを感じさせてくれる頃になりました。
たくさんの出来事のあった今年の夏を終え
秋を迎えると
ゆとりと穏やかな安心感、
そしてもの悲しさ、一抹の寂しさも
その気配の中に共に感じます。

そんな気持ちで見上げた空は
高く、清々しく、思わず深呼吸したくなります。
昼の空も良いものですが
秋の夜空は仰ぎ見ると、星も月もまた格別です。
こんな時 故坂本九さんの歌をついつい思い出し
夜空の向うのたくさんの故人を心の中で偲んでいます。


明日は中秋の名月。
そして翌28日は満月。
今回の満月は地球に近くなり いつもより大きく見える月です。
大切な一日の
大切な一刻に
秋の夜空を見上げて
穏やかな日々の続くことを願いたいです。



スポンサーサイト



PageTop

ポカポカで

秋の長雨というにはちょっと早いのではと
思うくらい雨が降り
太陽は雲の上に隠れ
顔を覗かせてくれることも少なく
欝々とした天気の日が続いています。
台風も今朝 18号が本州に向かう進路で
発生しました。
ひどい災害にならなければ良いけれど、と心配です。


さて9月9日は 『重陽の節句』 です。
陰陽思想では、偶数が陰数、奇数が陽数と考え、
陽数は活力を与えるものといわれていました。
とくに 1月1日・3月3日・5月5日・7月7日を
節句として祝い
なかでも陽数の極みの9の重なる9月9日は
たいへんめでたい日とされました。

 
この たいへんにおめでたい9月9日ですが、
前記の4つの節句に比べて
今一つパッとしません。
そこで調べてみました。
どのように祝いをするのか。

重陽の節句には 
杯に菊の花びらを浮かべて飲む、
「菊酒」で長寿を祈ったそうです。  
菊は厄を祓い、長寿を得る妙薬と
言われていたためだそうです。

また、菊の清々しい芳香には精油成分があり
皮膚を刺激して血行をよくし、保温効果も高く体の芯まで温まるので
夏の疲れの出やすいこの時期に
菊湯として湯船につかるのもよいそうです。
のんびりとお湯につかり、ポカポカの身体で
ぐっすりと睡眠をとれば 天気が芳しくなくても
心身すっきり快晴気分になれそうです。


 

PageTop