FC2ブログ

染心堂のひとり言

中野ブロードウェイにある占い処「染心堂」の日々の出来事を綴ったブログ。

六年目

心に深く刻まれた
2011年3月11日 午後2時46分。
日々を過ごす私達の心の片隅には
常に3月11日があります。

直接被災された方は言うに及ばず
あの日以降、思いは違えど誰もが
たくさんの事を諦め、
たくさんのものを手放さざるをえなかったのではないでしょうか。

そして
どうしようもない大きな悲しみ
どこに向けていいのかわからない憤り
それでも人々は
ささやかな喜び・小さな幸せを見つけ出しながら
六年目を迎えました。

今月の末には避難指示区域が一部解除される地域もあり
故郷へ戻られる方がいる一方で
まだまだ避難生活を余儀なくされている方もいらっしゃいます。
いつもの日常を取り戻せた人々は
あの日の延長上に今があること、
そして続く明日があることに
喜びをかみしめられていることでしょう。

追記

あの日あの時
あらん先生は初代中野の母の手を取り
中野通りに避難されました。
中野通りではパニックになった避難の人々の間から
「東北では三百人くらいの人が亡くなったらしいよ」
などの話し声が聞こえてきたそうです。
そして次々と入ってきたニュース
「津波、帰宅難民、余震、福島第一原発等々」
誰もが何もできず暗い時間がただただ通り過ぎて
くれるのをじっと待つしかありませんでした。

あの漆黒の時から六年、初代中野の母も引退し
今では二代目が頑張っています。
社会のすべても大きく変化し
新たな空気が我々を取り囲み始めています。
まだまだ取り残されている問題が山積されて
いるのにもかかわらず。
でも、私達はあの漆黒の時間を決して忘れない。


   2時46分に  黙祷

スポンサーサイト



PageTop